カレッジ案内

沿革

国際理解と創造性

Winchester Shoei Collegeは、日本の頌栄女子学院と英国のキング・アルフレッズ大学〔現The University of Winchester(ウィンチェスター大学)〕との合弁によって1981年、英国の教育科学省により学校法人として認可を受け、1982年9月に開学致しました。
この計画が成功する迄には、英国国教会(The Church of England)とりわけウィンチェスター大聖堂主教ジョン・テイラー博士の御尽力をいただき、相互理解を通して、世界で初めての合弁大学が設立されたのであります。開学以来、既に400名余の卒業生を世に送り出して参りました。卒業式はウィンチェスター大聖堂に於て行われ、総長の祝福を受け、荘厳で素晴らしい式典です。
在学生達は、2ヶ年あるいは数年、授業を通して語学力を身につけることは勿論でありますが、イギリス人学生と親交を結ぶことが語学力(特に会話力)の進歩につながる方法であることを重視し、クラブ活動等も日本人のみの集団ではなく、イギリス人学生の中に混って行っているのが特色であります。このことが、国際理解と日本の教育に欠けた創造力を深め社交性を培う所以であります。

最後に、この教育事業に参加し長期間にわたり忍耐力と精神力、向学心をもって臨まれた若き学生諸君、また彼女等を励まし支えてこられた御両親にも心から敬意を表したいと思います。

 

英国学校法人 Winchester Shoei College
創立者  岡見 如雪
Winchester Shoei College, England
Founder, Naoyuki Okami

 

 

 

英国学校法人 Winchester Shoei College
〒108-0071 東京都港区白金台2-26-5

TEL 03-3441-2005

アクセス

ウィンチェスター頌栄カレッジ

Webパンフレット

お問い合わせ