頌栄女子学院2021
13/52

本校中学生の約25%、高校生の約23%を帰国生が占めています。中学1年から高校1年までは、5クラス中3クラスが帰国生と一般生の混合クラスになります。混合クラスには帰国生が15~20名程度在籍し、帰国生と一般生の割合はだいたい4:6になります。この4:6という絶妙の割合が互いの特性をうまく引き出し合っています。帰国生は同じ境遇の級友がクラスに十数名もいることで、安心して帰国生らしさを発揮します。せっかく身につけた英語力を失わないために意識して普段から英語を使います。それが一般生の英語への関心を高め、耳を鍛えます。一方帰国生は、英語以外の授業はすべて日本語で行われますので、現地で学ぶことが困難だった教科や進度に差のあった教科を身近な一般生に聞いて、意欲的に勉強しています。質問された一般生も教えることでさらに理解を深めます。このようにお互いが協力することで苦手を克服し、得意分野を伸ばすことができています。勉強面に止まらず、一般生は帰国生と接することで間接的に異文化の存在を知ります。また、帰国生は日本文化の奥深さ、素晴らしさを再認識するでしょう。良き友であり、良きライバルである関係は、互いの成長をしっかり支え合っています。中2英語スピーチコンテスト- 12 -12345帰国生一般生混合クラス帰国生一般生一般生混合クラス帰国生一般生一般生混合クラスクラス編成帰国生と一般生のバランス

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る